こんな公演、今までなかった!? 新しい時代のダンス公演のカタチとは!?【前編】

インタビュー

〝名作の再演〟をテーマとしたダンス・エンターテインメント公演『FINAL LEGEND』。
2019年はテーマを〝紅白合戦〟とし、平成最後の公演として盛大に開催された。
そして時は令和、2020年の公演に向けて新たな挑戦が胎動を始める!

2016、2018年に続く3回目の複数都市開催、
そして前回あれだけ派手な公演をやっておいて今度の公演はどうなるのか!?
そんな懸念を吹き飛ばすような、新しいカタチのプロジェクトを目指す今度の『FINAL LEGEND 8』。
その両公演の芸術監督を招いて行われた緊急インタビューをお届けしよう!

Contents.01 実録!! 演出会議!

次なる『FINAL LEGEND』の演出テーマ、サブタイトル決定のため、 急遽招集された関東・東海の両公演の芸術監督であるAKIHITO、泰智。 どうやって演出テーマは決まるのか? 果たして今年はどんなテーマになるのか?  その話し合いの様子を実録レポート!

『FINAL LEGEND』の演出テーマ?

『FINAL LEGEND』では〝Ⅲ〟より毎回サブタイトル(=演出テーマ)を付けて開催。これはナンバーイベントのようにただ作品を羅列するのではなく、1つの世界観で公演全体を演出し、お客さまを楽しませる工夫なのだ!

前回公演の演出テーマは「紅白合戦」。出展コレオグラファーを紅組、白組に分け、実際に来場者投票で勝敗を付けた!

「2.5次元」という言葉に世間は慣れてしまった!?

演出部スタッフ(以下略‥演)‥ AKIHITOさんは2年前の『FINAL LEGEND Ⅴ』に続いて2回目の芸術監督ですが、今回はその時の演出テーマ「2.5次元コレオグラフィ」をバージョンアップさせる、なんて方向性はいかがでしょうか?

AKIHITO‥そうですね……、「2.5次元」という言葉に関して、2年前はまだ目新しさや「何をするんだろう?」というワクワク感があったんですけど、今はもうその言葉に対して世間が慣れてしまって、同じような期待感が持てないというか……。

泰智‥確かに今はもうアニメとかマンガを原作にした「2.5次元ミュージカル」ってめっちゃ上演されてるもんね。

本番当日だけではなく〝それまで〟と〝それから〟も楽しませる公演に!

‥なるほど。逆に今身近で盛り上がりつつある分野の言葉を入れる感じがいいですかね? AKIHITO‥あ、そういう方向性でいくと、少なくとも僕の感じている範囲では〝ゲーム〟が〝e-spports〟として今まさに世界でも日本でも広まりつつあるなと思っています! そういう世界観って公演の演出とかにも合っているんじゃないですかね?

泰智‥ゲームって昔はプレステとか家のテレビにつなげてやるのが主流だったけど、今はスマホでどこでも大人でもやっていて、「子どもがやるもの」じゃなくなってきてますよね。

‥ゲームという言葉もいいですね! 事前にこちらでも候補を色々と考えてきましたが……(サブタイトルの候補を書いた用紙を広げる)、こちらの中にもゲーム関連の言葉はありますね。

泰智‥なるほど、「クエスト」がありますね。他にも、「オリンピック」、「ジャパン」、「YouTube」、「無双」……。

AKIHITO‥あ、「YouTube」っていいですね! 僕もちょっと考えていたんですけど、色々可能性があるというか……。

‥事前の告知自体を演出に組み込んだり、公演本番の日につながるような演出にできたら面白そうですね!

AKIHITO‥それこそ出展コレオにただ宣伝動画をお願いするだけじゃなくて、もっと公演本番日以降にもつながるような仕掛けをやりたいです!

泰智‥コレオグラファーってYouTubeで作品動画をアップして自分を宣伝できてる人って意外に少ないもんね。僕らもまさにそうなんですが(笑)。

会議は踊る、されど進まず……。

コレオグラファーのユーチューバー化?

泰智‥そうしたら、ユーチューバーのダンサー版的に「DanceTuber」とか?

AKIHITO‥大きく出たな(笑)。

泰智‥結構言葉として普通にその内でてきそうなので、「今その言葉とりに来たか~」という感じありますよね(笑)。先手必勝的な。

‥なるほど。ただ作品や振付師にこだわった公演なので「ChoreoTuber」の方がよくないですか? 泰智‥確かにその方が〝レジェンド〟っぽい感じしますね!

AKIHITO‥いいと思います! ちょっと色々考えられそうです! ゲーム的な世界観も欲しいと思っているので、それこそ出展コレオグラファーのみなさんをVチューバー(※)化しちゃうのもいいと思います!

※Vチューバ-‥自身の姿ではなく、2次元のイラストキャラやCGキャラを用いたYouTuber

‥コレオグラファーのVチューバー化いいですね!「2.5次元コレオグラフィ」でもコレオのみなさんをマンガイラスト化しましたが、すごい好評でしたもんね!

泰智‥そしたら公演サブタイトルは「ChoreoTuber」になります?

AKIHITO‥それだけだとちょっとさびしいですね。

‥複数系としてsを付けた方がよさそうですが、頭か最後にもうひと単語欲しいですね。

泰智‥うーん、言葉的に収まりがいいから頭の方になにか付けたいですね。「●● ChoreoTubers」みたいに。

‥JAPANとか? それとも日本語の方がいいですかね?

AKIHITO‥参上?

泰智‥決定?

‥魁とか……決戦!

AKIHITO‥いや戦わないでください(笑)。

‥じゃあ複数人が集まるわけだから「集まれ!」は(笑)?

泰智‥いやもう言う前から笑ってるじゃないですか。

‥では真面目に「集結」とか?

AKIHITO‥いやこれもちょっと面白いですけど(笑)、何かしっくりくる感じはありますね……。

―何だかんだで30分経過―

‥色々でましたが、一番しっくり来たこれに決定にしましょうか! 『FINAL LEGEND 8』のサブタイトルは「集結! ChoreoTubers」で!


information

2020年開催の『FINAL LEGEND 8』は東海・関東で開催決定! 参加出展作品は「Legend NEXT」公式サイトにて!

  • 『FINAL LEGEND 8』東海公演:2020年5月2日(土)-3日(日)@東海市芸術劇場
  • 『FINAL LEGEND 8』関東公演:2020年5月16日(土)-17日(日)@さいたま市民会館おおみや

作品参加エントリー 「Legend NEXT」公式サイト https://legend-creative.jp/next/

コメント

タイトルとURLをコピーしました