『Legend Tokyo CHRONICLE』 ファイナリストインタビュー!~5分映像作品部門 Rush Bブロック~

インタビュー
スポンサーリンク

 日本最高峰のダンス舞台作品コンテスト『Legend Tokyo』が提唱する”映像作品”で魅せる新たなる戦い。それが新世紀のダンス映像作品コンテスト『Legend Tokyo CHRONICLE』!!

 2020年に行なわれたブロック選考には160以上におよぶ珠玉の作品が参戦。史上初の試みにも関わらず想像の域を遥かに超えるハイレベルなダンス映像世界の戦いが繰り広げられた。その中から厳選された究極レベルの創作力をもつファイナリストたち延べ44組によるさらにブラッシュアップした”最終作”が集う決戦「SEASON FINAL」が開幕。

 部門は従来の横画角・制限時間5分がルールの”作品”を対象とする「5分映像作品部門」と、制限時間30秒・SNS時代に特化したすべてが新しい縦画面で観る「30秒クリエイター部門」の2つがある。

 「5分映像作品部門」
POINT① すべてがハイクオリティ! 横画面の中で創りこまれた世界観と最大5分に散りばめられた濃厚なダンスシーンに要注目!
POINT② 評価対象は作品。だから異なる作品をエントリーして複数選出されたクリエイターもいる!
POINT③ 更なる良作へと進化! これから始まる最終決戦では作品のブラッシュアップ編集を可能としている。乞うご期待!

 今回はそんな5分映像作品部門で本選進出を決めた、選ばれしファイナリストたちのインタビューを一挙公開!

作品インタビュー

煌めき☆glitter

―心に響くダンスを子どもたちと。

 友人に「最近のダンス作品は、観ていて悲しくなる、胸が苦しくなる、そんな深くて暗い作品が多い」と言われたんです。確かにそれは感じていて、指導する身としても、そういった作品は子どもたちにも共感できないし、うまく表現できないんじゃないかなと思いました。それなら誰もがパッと感情が動かされる、心に響くような作品を作ろうと話し、今回のコンセプトにたどり着いたんです。

 この作品はコレオグラファー、出演ダンサーだけではなく観てくれた方々とも気持ちが1つになることで初めて完成する、そんな想いを込めています。心の底から叫ぶ「わっしょい」の熱量が観た方の魂に届き、1人でも多くの心を動かすことができますように……。

Legend Tokyo CHRONICLE | 「煌めき☆glitter」インタビュー

DHS feat.品川エトワール女子高校ダンス部

―仲間と過ごした青春を、永遠の映像へ。

 多くのダンス部が思い通りに過ごせなかった1年だったので、3年間を思い出して次なる舞台へ新たなスタートをきれる、そんな作品にしました。練習を繰り返すシーンや悔し涙を流すなど、数年後に観たときにも懐かしさを感じて楽しめるようにダイジェスト的な要素を少し入れているんです。
 また、品川エトワール女子高校の綺麗な校舎で撮影しているので、ロケーションとしての見応えもあります。きっと最初から最後まで飽きずに楽しめるのではないでしょうか。高校生たちにとって1番の想い出は、一緒に過ごす仲間がいて、踊れる環境があって、そして応援してくれる友人がいることなんだ、ということを伝えることができたら嬉しいなと思っています。
 ぜひあの日の思い出ともにご覧ください。

Legend Tokyo CHRONICLE | 「DHS feat. 品川エトワール女子高校ダンス部」インタビュー

RAIN TRAIN

―一発撮りの緊張感!

 文通で仲を深めた2人がデートに行くという物語なのですが、自主制作の楽曲の世界観をそのまま表現していて、それをダンサー、役者、バルーンアーティスト、そして映像監督によって作品にしました。
 ワンカットで撮影したので、移動しながら他の人が映りこまないように気にかけたり、同じ建物の中でふたりが待ち合わせ場所まで出会わないようにしつつ場面を切り替えたり、とても苦労しましたね。照明も場面ごとに変えていく必要もあるので、裏方にとっても緊張感のある撮影でした! 

 こだわりのロケーションと演出の中、ワンカットでミュージカルのように場面転換をしていくのが魅力なので、曲に身をゆだねて楽しんでいただきたいですね。どうぞ心ゆくまで。

Legend Tokyo CHRONICLE | 「RAIN TRAIN」インタビュー

ONE team Legend

―映像で魅せる人間拡張!

 このチームは、僕を育ててくれた新体操とダンスとテクノロジーで作ったパフォーマンスを世界へオンライン発信するために立ち上げました。
 モーショングラフィックと動きをシンクロさせ、人の動きをより視覚化する「人間拡張」がテーマですが、もともと新体操はシンクロに重点を置いているので、そこにARなどを駆使すれば誰も観たことのない作品になると思ったんです! 実際にエフェクトを重ねることで、アクロバットの立体感や迫力が倍増したので、身体表現において新しい可能性を感じることができました!
 
 今回は青森山田高校の3年生たちと共演をしていて、これが最後の演目になるメンバーもいるので、彼らの生きた証としても目に焼きつけてほしいです!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「ONE team Legend」インタビュー

四畳半帝国

―日常生活にちょっとしたスパイスを。

 友達とお酒を飲んでいるときって気分が高揚して、それが楽しいんですよね。今回はそういう普段の自分から解放された感じを表現したかったんです! 
 真面目に仕事しているときも、ハメを外して騒いでいるときも、どれもすべて自分自身だってことを面白おかしくできたらいいなって……。だからこそ作り物の背景ではなく活きた街、活きた人々と撮りたかったし、酔っぱらった時のようにだんだんと記憶が薄れていくイメージにこだわりました。

 僕らは日常を切り取ってダンスで表現しているので、誰もが「この雰囲気って見たことあるよな」っていう既視感を覚えるように作っています。
 観てくださった方の私生活にちょっと面白いスパイスになれますように!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「四畳半帝国」インタビュー

Dort

―光でロケーションを創りあげる。

 照明を駆使したPV作るプロジェクトを企画していて、そのPRをかねて第1弾としてこの作品を制作しました。なのでダンスと照明、どちらも主役となるようバランスを試行錯誤して、同じシーンで何度も機材の配置を変えています。また鏡も使っているので、どの角度から照明を当てて反射させるのかをその場で何パターンも試して調整して、光でロケーションを一から作るイメージで撮影していきました。

 ダンス映像でありながらも、より芸術性を高めた作品にしようとも考えて、ダンサーのJenesさんにも特にシルエットにこだわって踊ってもらったので、ダンスだけ、照明だけではなく、双方が融合した映像をぜひお楽しみください。

Legend Tokyo CHRONICLE | 「Dort」インタビュー

Good ketchup

―映像だからこそ、ダンス×アクトを自然に!

 僕らは普段からストーリー展開のある舞台を制作しているので、それを持ち味にしてダンス以外の要素も含めて楽しめる作品を魅せようと思いました。
 舞台やミュージカルではお芝居の周りでダンスをしていても違和感がないのですが、映像となると画角内すべての情報が入ってきてしまうので、物語の中でダンスがナチュラルにみえるように最も頭を悩ませましたね。

 「Good ketchup」という名前にはジャンルの偏見を持たずに楽しんでほしいという想いが込められています。「ダンスだから、お芝居だからこうあるべき」といった先入観を一度取っ払ってもらって、物語を素直な気持ちで楽しんでいただきたいです。ご覧ください!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「Good Kechup」インタビュー

KAORIalive fam

―観る者に突き刺さる作品づくり

 私たちは環境問題をテーマにした作品を作り続け、常にメッセージを発信することを重視しています。
 今回の音楽はnouseのkouさんが制作してくれたのですが、自然な音にだんだんと人工的な音、例えば車や工場から聞こえてくる音をそれぞれ録音してミックスしていて、生の音を使用することでよりリアリティが高まりましたね。撮影は砂丘で行なったのですが、あまりの暑さに、まさに温暖化を感じながら踊っていたので、自然と迫真の表現になっています! 
 映像は表現が画面の中だけに限られるので、わかりやすさを大切にしてテーマがダイレクトに突き刺さるよう意識しました。

 一切の妥協なく創ったこの作品から、地球のメッセージを受け取ってください!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「KAORIalive」インタビュー

YDK Apartment

―見据えているのは、未来への不朽。

 今までダンス映像のコンテストというものがなかったので、実際にどう観られて、どんな印象を受けるのか知りたくて出展を決めました。
 最初の緊急事態宣言が発令されイベント出演の予定がなくなり落ち込んでいたのですが、「リモート」ってものに対して初めて触れ、これを活かして何か自分達らしいエンターテインメントができるんじゃないかとすぐメンバーに相談したんです。最後まで観たくなるし、何度も頭から観たくなるような飽きのこない作品にしたくて、隙のないようにテーマであるSNSを細部までこだわって再現しました。

 数年後に見返した時、この今を思い出して語り合えると思うので、そんなこの時代を象徴する作品を一人でも多くの方に観ていただきたいです。

Legend Tokyo CHRONICLE | 「YDK Apartment」インタビュー

INFORMATION

Legend Tokyo CHRONICLE
-SEASON FINAL-

【日時】2021年6月13日(日)
    開場:12:30 開演:13:00

【チケット】▪配信視聴チケット:¥1,000
      ▪劇場観覧チケット:¥4,000
      (配信視聴チケット¥1,000含む)

【会場】SKIPシティ
彩の国 ビジュアルプラザ・映像ホール



【公式サイト】

5分映像作品部門30秒クリエイター部門

詳しくはHPへ!

YouTubeにて作品公開中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました