日本工学院ミュージックカレッジダンスパフォーマンス科の1年生が贈るDP14修了公演『GEM STONE SHOWCASE 2021 ~So Cool This Dance~』開催!

舞台レポート

数々のプロダンサーを育成し輩出する日本工学院ミュージックカレッジのダンスパフォーマンス科。この1年間の集大成ともいえる1年生修了公演『GEM STONE SHOWCASE 2021 ~So Cool This Dance~』が2月6日に開催された! プロへの一歩を踏み出した学生たちのエネルギー溢れるステージをレポート!

2年生(DP13)の卒業公演の模様はコチラ

学生から講師まで全員で円陣!


公演オープン直前。全生徒と先生が一堂に集まり、今年は円陣ではなく気持ちを繋ぐ。大きな舞台を前に心を一つに、気合を入れた! 沸き立つ興奮を落ち着けていざ、ステージへと臨む!

1年の成果を出し切るフレッシュなステージ!

1. Suguru number(HIPHOP)


幕開けを飾ったのはSuguruによるナンバー。邦楽を使い、その音にあわせるだけでなく歌詞の意味にもあわせた振付によって会場の心をステージへと惹きつけた!

2. EKKO number(JAZZ)


シックなカラーだが個性ある衣装に身を包み、しなやかに魅せる! その艶かしさのある舞によって、女性的な本能を表わしているかのように表現した。

3. STEZO number(HIPHOP)


グルーヴの強いヒップホップで重く踊ったかと思えば、軽快なニュージャックスウィングを踊り、さまざまなスタイルのヒップホップを駆使して魅せた!

4. shu_hei number(HOUSE)


クールなハウスミュージックにのせて、軽やかなステップを踏む! 大人数ならではの一体感が、会場を揺るがしていく。

5. 町永一美 number(JAZZ)


黄色のワンピースが映える女性と正装した男性が表情豊かに踊る! まるでテーマパークショウのようなダンスに、気づけば笑顔になった!

6. ゴリキング number(OLD SCHOOL)


ラセットブラウンのオシャレなセットアップで踊るはアニメーションスタイル! 強烈な音へのアプローチでありながら無機質感を貫くダンサーに思わず魅了されていく。

7. ikumi number(JAZZ)


漆黒の衣装とは相反する情熱的な楽曲にジャズを掛け合わされる! 大人の色気を兼ね備えたその姿に、誰もが目を離すことができなくなっていく!

8. 谷古宇千尋 number(BALLET)


ストリートダンスが多いステージの中、数少ないバレエを披露。つま先まで伸びた脚から頭の先まですっと伸ばした姿はまさに練習の賜物といえるだろう。

9. SORI number(OLD SCHOOL)


縞々の特徴ある靴下にカラフルなシャツでロックを踊る! ただかっこいいだけでなく、伝統的コミカルロッキンを皆で楽しみながら魅せた。

10. KAZZ number(HOUSE)


大人数でありながらさまざまなフォーメーションの変化がみられるハウスを披露。パワフルかつ激しいダンスで渾身のエネルギーを伝えていく!

11. 鈴木ユキオ number(CONTEMPORARY)


国内に人口を増やし、浸透し始めているコンテンポラリーを独特の世界観で伝えていく。学生とは思えないその表現力で観る者の心を掴んだ!

12. KOTA number(HIPHOP)


オーバーオールの衣装でオシャレなヒップホップを披露。身体をダイナミックに使うことでキレとパワーを使い分け、魅せていく!

13. ATSUSHI number(OLD SCHOOL)


チェックのズボンやスカートにワイシャツ、ニットを着るその姿は学生らしさ全開! 学校ならではの動き、仕草、様子をポッピンと共に表現する!

14. OHISHI number(HOUSE)


足先のステップだけでなく幾度も変化するフォーメーションによって疾走感を演出。スタイリッシュに決めるその姿に思わず感嘆してしまう!

15. FRESH SEIJI number(OLD SCHOOL)


緩やかながら魅惑的なソウルから爽快かつ軽快なロッキンまで幅広く魅せる! ダンサーが自然と笑顔になるそのダンスについ身体がノッてしまう!

16. 山端茉奈美 number(BALLET)


高められたテクニックとうっとりとしてしまうほど美しいアームスに魅了される! 不思議なメロディーの楽曲でありながらもその世界観を高め続けた!

17. Takky number(HOUSE)


ピアノだけで奏でられた音楽にトリッキーな音取りを魅せていく。ステップによって合奏されているかのようなダンスに思わず息を吞むほど魅了される!

18. 有香 number(CONTEMPORARY)


楽曲の感情を心と身体でのびやかに、しなやかに、そしてダイナミックに表現していく! 温かな照明と黄色のにじむ衣装によって世界観を仕上げる!

19. Mayu Omoshita number(JAZZ)


バラードにあった伸びるような身体使いと、相反するキレの良さが楽曲のメリハリをつける。1年間学び高めたスキルによって会場を魅了した!

20. YU-KI number(HIPHOP)


力のあるジャパニーズ・ヒップホップをパワフルかつパッション溢れる身体使いで魅せる! ただ踊るだけでなく個性を入れることで我が物にしていく!

INFORMATION

日本工学院専門学校ミュージックカレッジ
ダンスパフォーマンス科
TEL:0120-123-351
〒144-8655
東京都大田区西蒲田5-23-22

★無料ダンスレッスンが受けられる、オープンキャンパス+体験入学の情報も!

HPはこちら!   公式ブログ
Facebook   公式LINE   Twitter   Instagram

コメント

タイトルとURLをコピーしました