『Legend Tokyo CHRONICLE』30秒クリエイター部門準本選Eグループ審査結果!

イベント

数々の伝説を残してきたダンス・エンターテインメントの殿堂、『Legend Tokyo』が2020年、闘いの舞台をステージから映像へとフィールドを広げた。それが『Legend Tokyo CHRONICLE』だ! すでに世界でもトップレベルといえるステージエンタメ作品を披露する日本のコレオグラファーたち。彼らの技術が秘める可能性をさらに広げる環境となるのが映像である。 動画の撮影・編集技術により多角的な魅せ方、表現が可能になり、さらにオンライン開催によりまさに世界中どこからでも参戦ができるようになった! 部門は従来の横画面で観る「5分映像作品部門」と、SNS時代に特化したすべてが新しい縦画面で観る「30秒クリエイター部門」の2つがある。 今回は12月16日に発表された30秒クリエイター部門準本選Eグループにおける審査結果から、本選へと駒を進めた4作品と審査員のコメントをご紹介! 国内外で活躍するさまざまな振付師、クリエイターの中で誰が本選へと駒を進めたのか?

30秒クリエイター部門Eグループ本選通過作品

SMUG from YDK Apartment「紙に描く理想」

SMUG from YDK Apartment「紙に描く理想」

本多源太
縦動画の面白さをフルに活かした映像。音楽、編集、ダンスも雰囲気があり最高。
UNVISION「映像が踊ってみた」

UNVISION「映像が踊ってみた」

鈴木秀
 
映像が踊ってますね!縦動画の使い方って楽しいですね!
身体企画ユニット ヨハク「早回しチャレンジ」

身体企画ユニット ヨハク「早回しチャレンジ」

AKIHITO
素晴らしかったです! 作品に参加する人数が、制限時間と比較すると自然と少人数制になるんだなあ、と勝手に思ってしまっていたのですが 早送りという手法と、場面をかえないことでそれがクリアになり かつ出演者それぞれの動きも面白く見えて その手があったか!と強く感じさせられた作品でした!
XR JAPAN「SHINOBI」

XR JAPAN「SHINOBI」

工藤光昭
ダンスの軌跡が筆墨のようになる軌跡が和の世界観とマッチ! 前作と比べて見やすくなり、エフェクトもダンスを潰さないレベルで バランスが良くなっています!

各作品、1名ずつコメントをご紹介しましたが、公式サイトの各作品のページでは、他の審査員からのコメントも掲載! また、ブロックのページでは審査員の総評も読むことができます!

Legend Tokyo CHRONICLE  30秒クリエイター部門部門 準本選Eグループ

INFORMATION

Legend Tokyo CHRONICLE

5分映像作品部門30秒クリエイター部門

詳しくはHPへ!

YouTubeにて作品公開中!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました