世界が求めた天賦の表現力 ~KENTO MORIインタビュー!~

インタビュー

マイケルとマドンナが取り合ったダンサー
彼を説明する表現は、すべてこの言葉に表れている。

世界最高峰のビッグ・アーティストであるマイケル・ジャクソンとマドンナが「このダンサーと仕事がしたい」と、1人の日本人ダンサーを求めたのだ。
かつてマイケルと同じステージに立つことを目標に掲げ、現在ではマイケルの遺志を継ぐ表現者として、世界各地で活躍しているKENTO MORI。
世界が求めた才能、そのルーツを探る!
(※この記事は一部「SDM vol.29」に掲載されていたものになります)

KENTO MORI

PROFILE
18歳より本格的にダンスを始め、渡米後わずか3年でマイケルの「THIS IS IT」オーディションに合格。しかし、マドンナとの専属契約期間中により不参加となる。そして、マイケルの死後、マドンナのコンサートにてマドンナ直々の依頼でマイケルの衣装に扮し、追悼ダンスを踊る姿が全世界で話題となる。その後、グラミー賞を獲得したクリス・ブラウンの専属ダンサーとして、また日本でもCMやLIVEで活躍中。

スーパーヒーローが、この世からいなくなった。

——ケント・モリさんと言えば、マドンナのコンサートでマイケルのパフォーマンスを披露された事が世界的に有名ですが、当時の心境はどんな感じでした?

率直に、ちょっと信じがたいことが起こってしまったと思いましたね。ある意味、あの瞬間は歴史上初めてマイケルとマドンナが共演した時間だったと思うし、それを日本人の僕がやったということが今になっても信じがたいです。やっぱりそれは、マイケルの遺してくれた想いがマドンナをつき動かしたんだと思います。
ただ、マイケルが亡くなって、ずっと僕の目標だった「マイケルと一緒のステージに立って踊りたい」という夢は、一生かなうことがなくなってしまいましたね……。

——マイケルの訃報を聞いた時はどんな心境だったんですか?
「亡くなって悲しい」という次元じゃなかったです。彼がこの世からいなくなったことが信じられなくて……どこかで生きていて欲しかったです。子供の頃の、スーパーヒーローが死んじゃったような心境でした。
彼ほど人のために生きて、彼ほど誤解された人はいないですよ。僕にとっても、多くの世代の人にとっても、マイケルは神様のような存在だったと思います。

——ちなみに、マイケルのことを初めて知ったのはいつですか?

3、4才くらいの時かな? その頃は一緒に踊りたいとかは全く思ってなくて、単純に音楽が大好きで繰り返し聞いていました。それから12才ぐらいの時から、マイケルの音楽を聴いて自然と、自分1人で踊ってましたね。

——そこからダンスの道を目指すようになったんですね!

いやいや、その時はまだ上手くなろうとも考えてなくて、ただ単純に楽しかったからですよ。本格的にダンスでやっていこうと思ったのは18才の時ですね。それで19の時にLAに短期で滞在して、21から本格的にLAに移り住んでダンスの活動をしていました。

KENTO MORI(ケントモリ) Tribute to Michael Jackson [Madonna"Sticky&Sweet tour" O2 Arena in London]

マイケルジャクソンの死後、マドンナのライブにて行われた追悼パフォーマンス。世界中マイケルファンから絶賛の声が上がった。

僕のやり方をなぞっても、成功するとは限らない。

——なぜ、いきなり海外で活動を始めたのですか?
マイケルと一緒に踊るという夢のためでもあるけど、やはりダンスの本場で学びたいという気持ちが強かったからですね。やっぱり本場はいい意味で実力主義ですよ。僕みたいな名もない日本人にもチャンスがありましたからね。ダンス歴何年かとか、誰も気にしない。それよりも、今のダンスがいいか悪いか。

——厳しい環境でチャンスをモノにされたんですね! ではLAでのダンス生活を経て、自分で成長できたと思う部分はありますか?
昔は自分の目標達成のために走り続けていて、「何か他の人のために」なんて考えはありませんでした。でも今では視野も広がって、自分が学んだものを世の中に伝えたり、自分以外の周りの人たち、ダンスシーンにも何か貢献していきたいと思えるようになれたのは成長できた部分だと思います!
自分自身が有言実行していったことで、自信になったということはありますね。

——ケント・モリさんのように、海外で活躍したい読者にアドバイスをお願いします!
自分を信じて進むだけです。自分の生き方、進み方というのは自分にしかないわけだから、僕が過去にどうやったから絶対こうなるって方程式はありません。ただ僕は、ハートから表現すればグローバルにいけると思っています。
ダンスって世界共通のボディランゲージであり、感情表現なんですよ。だから言葉がわからなくても、人種や国境、文化や宗教が違っても、誰とでもつながれる、会話ができてしまう。表面的な身体のスキルも、〝心技体〟って言葉の通り、結局ハートがないとダメ。「よりいいダンサーになりたい!」という気持ちが、スキルまでも高めてしまうと思います。

Michael Jackson 2020 Happy Birthday "Neverland" Tribute from Japan

2020年、マイケルジャクソンの誕生を祝う映像作品を公開。世界各国のマイケルファンが歓喜し、コメントを寄せている!

マイケルが世界中で受け入れられた理由。

——初のダンスライブ『DREAM&LOVE』についてお聞きします。終えてみて感想はいかがですか?
10分や20分の作品は今まで作ったことはあったんですけど、今回のような105分のステージは初めてでした。それも3週間で作り上げなくてはならなかったので、時間との戦いでしたね。最終的には、納得できるクオリティに出来ました!

——所々にマイケルのオマージュ的なパフォーマンスがありましたよね?
もはや今の僕からマイケルを完全に切り離す方が逆に不自然だと思うし、僕のDNAですね。ただかっこいいではなく、プラス何か。その何かというのは、マイケルが一番言っていたメッセージと同じなんですよ。

——そのメッセージとは何でしょうか?
今回のステージで伝えたかったことでもあるんですけど、ダンスが世界をつなぐ、ハートがあればつながれるということですね。やっぱりあれだけマイケルが世界中の人に支持されていったのは、彼がハートで踊っていたからなんです。ハートで僕らに接してくれたから、例え言葉がわからなくてもこっちのハートも動かされたんです。
人はハートから接すれば、ハートで返してくれて1つになれる。そう思ってた僕が今みたいに世界で活躍できてなかったら、その考えは間違っていたのかもしれない。でも、その考えで今の位置まで来たつもりなので、それは正しかったのかなって思っています。そうでなかったら、僕もマイケルに会えてなかったと思いますね!

Kento Mori “Ready for 2020” パフォーマンス

現在ではAR LIVE Performanceを中心自身のYouTubeチャンネルにて公開している。今後の活動にも目が離せない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました