『Legend Tokyo CHRONICLE』5分映像作品部門Bブロック審査結果!

イベント

数々の伝説を残してきたダンス・エンターテインメントの殿堂、『Legend Tokyo』が2020年、闘いの舞台をステージから映像へとフィールドを広げた。それが『Legend Tokyo CHRONICLE』だ!
すでに世界でもトップレベルといえるステージエンタメ作品を披露する日本のコレオグラファーたち。彼らの技術が秘める可能性をさらに広げる環境となるのが映像である。 動画の撮影・編集技術により多角的な魅せ方、表現が可能になり、さらにオンライン開催によりまさに世界中どこからでも参戦ができるようになった!
部門は従来の横画面で観る「5分映像作品部門」と、SNS時代に特化したすべてが新しい縦画面で観る「30秒クリエイター部門」の2つがある。

今回は10月14日に発表された5分映像作品部門Bブロックにおける審査結果から、本選へと駒を進めた9作品と審査員のコメントをご紹介! 国内外で活躍するさまざまな振付師、クリエイターの中で誰が本選へと駒を進めたのか?

5分映像作品部門Bブロック通過作品

YDK Apartment作品「S-N-S」

AKIHITO
 
今回の予選で、1番楽しい作品でした! 新しくて今っぽいダンスもフレッシュで良かったのですが、それ以上に1人1人がダンス作品内での魅せ方や意識が非常に高く上手いことが映像からでも伝わってきたのも良かったです! チームワークが取れていると思いました!
KAORIalive fam作品「My earth is bleeding」

My earth is bleeding / KAORIalive fam

長濱佳孝
ダンスそのものの技術の高さに、不協和音のような音にノイズのような画像編集など、とにかく見ていて不安な気持ちになります。ダンサーの衣裳が徐々に汚れていくのはまさに「地球が汚れている、悲鳴をあげている」ということの比喩でしょうか……。ダンスの持つ力と映像の力を掛け合わせた、非常に強いメッセージを放つ作品として強烈な印象を受けました。
Good ketchup作品「ここに咲く想い握りしめて、」

ここに咲く想い握りしめて、 / Good ketchup

鈴木秀
ストーリーとダンス構成が密接で初心者が入りやすい作品でした!
Dort作品「硬影-koukei-」

硬影-koukei- / Dort

伊藤今人
ダンサーがスキルで押すわけではなく、テーマに沿った抑えた踊り方をしているのが好印象でした。光と鏡という撮りたいテーマがはっきりしていて。根本的に動画としてのクオリティが高い。やっていることのシンプルさが際立っていて良かったです。
ONE team Legend作品「ONE new world」

ONE new world / ONE team Legend

Juret Gheyret
かっこいいコンセプトだと思います。ブルーの統一感もおもしろいです。カメラワークがもうちょっと動いたらより良くなると思います。
四畳半帝国作品「千鳥足の夜に」

千鳥足の夜に / 四畳半帝国

長濱佳孝
狭い場所での見せ方やアクティングとダンスの合わせなどパフォーマンスの技巧に加え、撮影と編集も素晴らしいです。ある程度ギリギリの画角で攻めているカメラワーク(もしくは編集)がしびれます。ただ1点だけ、こういったテーマの作品なので出演ダンサーのみなさんが後半では(実際に飲まなくともメイクでも)顔が赤くなっていた方がさらに一段世界観を楽しめるかなと思いました。顔のアップも多かったので。
RAIN TRAIN作品「Rainy day」

Rainy day / RAIN TRAIN

伊藤今人
長回しという技法が生きていましたし、選曲、振付、演じ方など、非常にバランスが良かったです。演劇的な良さが生きていて、作品としての演出が突出しているなと感じました。
DHS feat. 品川エトワール女子高校ダンス部作品「色褪せない1095日」

色褪せない1095日 / DHS feat. 品川エトワール女子高校ダンス部

AKIHITO
そうか!こんな見せ方があったか!と
動画を視聴しながら、我に返ってメモを取ってしまうぐらい、ダンス映像作品の根っこの部分を引き出されていた作品かと思いました!
そもそも記録として残せるはずの、ダンス映像作品であることを利用して、高校ダンス部としての思い出をそのまま作品になされていたことって、作品を作る上でのストーリーや見せ方、思い色んな部分が非常にシンプルに仕上がっていて凄く
ダンス〟が見やすくなるんですよね!
そういった実体験的な要素が、ダンスを引き立たせれるんだなーと凄く感動しました。楽曲の編集力、ダンスのクオリティを高められればより進化すると思いました!
煌めき☆glitter作品「えびばでぃわっしょい」

えびばでぃわっしょい / 煌めき☆glitter

染谷誓一
今回中でナンバー1で、パワフルなダンスの中に勇気づけられる演出でした。

各作品、1名ずつコメントをご紹介しましたが、公式サイトの各作品のページでは、他の審査員からのコメントも掲載! また、ブロックのページでは審査員6名の総評も読むことができます!

Legend Tokyo CHRONICLE  5分映像作品部門 Rush-Bブロック

 

INFORMATION

Legend Tokyo CHRONICLE 5分映像作品部門

現在、エントリー募集中!!

詳しくはHPへ!

YouTubeにて作品公開中!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました