4年ぶりの開幕!『Legend Tokyo Chapter.11』全出展作品紹介!

舞台レポート
スポンサーリンク

2019年の『Legend UNIVERSE』から4年ぶりとなるダンス・エンターテインメント作品コンテスト『Legend Tokyo』が9月17,18日に大宮ソニックシティ大ホールにて行なわれた。コロナ禍にも切磋琢磨を続けたコレオグラファーたち。その中でも全国から選ばれし猛者たちがこの日、伝説に挑む!
評価基準は「観る者だれもが楽しめる」作品であるか。新時代の幕開けに満を持して臨んだ渾身作を一挙紹介!

ゲスト作品

OPENING Direction:avecoo


大会の幕開けを飾るオープニングを手掛けたのは7代目〝レジェンド〟鬼才、avecoo! コロナ禍によって大会開催を断念した悲壮感を見事に描きあげる。そして大会復活を告げる演出映像の後、挑戦者たちが舞台に揃うと会場は大きな歓声に包まれていく!
また、各出展コレオグラファーたちのソロパフォーマンスは圧巻。ステージと来場者が一体となったかのような熱気が4年ぶりの大会復活を大いに盛りあげた!

TEENS GUEST 帝塚山学院高校 ダンス部作品 「0.8℃の慟哭」


日本最大のダンス部公式大会『ダンススタジアム』において優勝を勝ち獲った帝塚山学院高校ダンス部がティーンズ・ゲストとして登場! 純白に輝く衣装を身にまとい、全身を大胆に活用しながらも群舞として綺麗にそろえる繊細さを魅せる。さらにはためく衣装の裏地には蒼くデザインされ、まるで澄んだ水のような印象を与えつつもそこに飲み込まれていく姿は泣き叫ぶ動物のよう。その作品力で環境問題を体現してみせた!

Legend GUEST MIWA作品 「最後の幕が下りるとき」


『Legend Tokyo』最多挑戦者であるとともに、『FINAL LEGEND』最多出展振付師でもある8代目〝レジェンド〟MIWAがゲスト作品を披露! 漆黒の衣装をまとい、しなやかな振付を美しく壮大かつどこか儚げに感じさせる。また広がる衣装を利用した構成によってさまざまな演出効果を生みだしていく。そして最後まで余すことなく手掛けられた作品でその実力を観る者に知らしめた!

1部披露作品

MEGUMU作品 「時 ~time passes~」

Memolable Moment作品に出演しダンサーとして本戦優勝を経験したMEGUMUがコレオグラファーとして参戦! 時間をテーマにしたその作品はメリハリがハッキリとしており、スキルの高さを全開に魅せていく。さらに次々とたたみ掛けるように変化する構成とリズム感のある楽曲が時間に追われている人々を表現し、彼女の描く世界観で観客の心を掴んでみせた!

西村雄光作品 「生きる」


西日本予選では高次元のユニゾンとフォーメーションが映える作品を披露した西村雄光が本戦では作品を一新して挑戦する! 苦渋苦難とともに今を生きる姿を作品へと昇華。全身をダイナミックに使った振付が広大なステージをふんだんに利用し、作品にさらなる深みを持たせる。またダンスだけでなく芝居のような表現や表情がよりストレートな印象を与え、若き新風を吹かせてみせた!

yuto nagamori作品 「言葉コトバことば」


予選大会にて音楽ではなく怒涛の語りにのせた挑戦作品を披露したyuto nagamoriがさらなるブラッシュアップを加えて本戦に挑む! 激しい抑揚を持って綴られる語りを、自身の感性によって緻密に練りあげられた身体表現は秀逸。舞台上に繰り広げられていくその多彩なクリエイティビティは、観る者を釘付けにしてみせた!

Miyuki作品 「新しい世界に。新しい私を。」


2019年『Legend UNIVERSE』以来、2度目の挑戦となるMiyukiは非常にメッセージ性の強い楽曲を使用しエネルギー溢れる作品を披露。紅を基調とした衣装で冒頭から独創的ボディムーブを活かした蠢くような動きをみせ、会場の空気を一変。ラストには白い衣装へと変化させ、明るい未来を表すかの如く舞台を煌めかせた明暗の変化でより作品性を際立たせた!

圓月久美子+ねこまな。作品 「未来へ ~近くて遠い光~」


関西を中心に活躍する師弟ユニット、圓月久美子+ねこまな。が振付師としてさらなる高みを目指して〝レジェンド〟に挑戦!しとやかかつやさしげな表現力が柔らかい声が特徴的な楽曲と相乗し、会場に感動を生みだしていく。身体能力を活かした伸びやかな振付が観る者たちに寄り添うように、前向きなメッセージを届けてくれた!

aoi作品 「Primitive Beats」


幼い頃からダンサーと出演してきたaoiが、念願のコレオグラファーとして〝レジェンド〟に参戦!古来より続いているかの如き民族的な音楽にのせた冒頭から、リズミカルなビートにのせてワックを中心としたストリート色全開のパフォーマンスを展開する。そのメリハリとグルーヴを武器としたユニゾンがフレッシュなエネルギーをみせた!

AKARI作品 「LOOP」


中日本予選でも非常に高いスキルを圧倒的な完成度で、ハイレベルな作品を披露したAKARIが生命の輪廻をテーマに披露。無音であるにもかかわらず呼吸を合わせて揃えられたユニゾンは観る者を感嘆とさせる。命が生まれ消えていく様子を圧巻の身体表現と独創的な振付で巧みに表現した、まさに異彩を放つ作風であった!

煌めき☆glitter作品 「ジク」


世界大会を制するなど実績を重ね続ける姉妹デュオ、煌めき☆glitterが『Legend UNIVERSE』の雪辱を晴らすべく参戦!彼女たちがみせたのは、パワーあふれる群舞とスピーディなユニゾンをヒューマンビートボックスを中心に合わせた音ハメヒップホップ作品。洗練された無駄のないユニゾンが確かなダンススキルによって魂の込められたステージを創りあげた!

オーシャン作品 「PIANO WORLD」


北陸を活動拠点に世界的コンテストでも実績を残す若き振付師オーシャンは、予選大会に出展した作品を進化させて披露。衣装は鍵盤をモチーフにしてピアノ演奏による楽曲のみを使い、ピアノの音色を美しくジャンルレスに楽しませるその作風は芸術的! まさに音を奏でるように展開する変幻自在のムーブでみごとアート賞を受賞した!

 CHIGUSA作品 「タイムスリップ ~時空旅行~」


奇抜なアイディアとユニークなテイストが話題を呼ぶ東海のコレオグラファー、CHIGUSAがみせたのは、昔の人々を現代に呼びだしてしまうタイムスリップ・コミカル作品! 大人数を活かした構成力とさまざまな場面に合わせた楽曲や細部にこだわった衣装が世界観をより際立たせ、観る者を楽しませてみせた!

たぬき作品 「それでは試験を始めてください。」


既成概念にとらわれない自由な表現力を武器にエンターテインメント性あふれる作品を得意とするたぬきは、学ランとセーラー服を身にまとい、文系受験の様子を作品にして挑む! 教科ごとにイメージしやすい楽曲とさまざまなジャンルを組み合わせた構成、そしてラストまでこだわった演出でみごと〝セミ・レジェンド〟に輝いた!

SHOJIN ENTERTAINMENT LABO作品 「Borderless」


今や日本全国をまたにかけて活躍するSHOJINが自ら率いる次世代エンタメ集団として参戦!シアタージャズを主軸にさまざまなジャンルを、幅広い年代のダンサーによって次々と場面転換される姿はまさに境界を超えたといえる。凛々しく華々しいステージングと大人数でありながらバッチリ揃った構成で多くの観客の心を掴んでみせた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました