キングコング西野亮廣が大絶賛‼ SHOJINによる「えんとつ町のプペル」ダンスPV!

動画まとめ

お笑いコンビ「キングコング」として活動する西野亮廣による大ヒット絵本が映画することで話題となっている『えんとつ町のプペル』。
公開が12月でありながらすでにメディアや世間で盛りあがりをみせているが、西野亮廣が大絶賛する映像が10月29日、YouTubeに公開されました。
その名も「『えんとつ町のプペル』主題歌 ダンスPV Presented by SHOJIN DANCE LABO」。

ここではこのダンスPVの製作者や西野亮廣の感想をご紹介いたします。

振付師はSHOJIN!


今回、話題を呼ぶ作品を公開したのは「SHOJIN」というダンサー。ダンス界における最高峰の振付コンテスト『Legend Tokyo』では特別賞を受賞し、近年ではカリフォルニアディズニーランドでのショーやラグビーワールドカップ開会式でのショーなど、超大型ショーを担う、日本有数の振付師だ!
レッスンは毎回、満員となりキャンセル待ちとなってしまうほど大人気である。そんな彼が踊るのは主に「シアタージャズ」というテーマパークやミュージカルのようなスタイルで、観る者をエンターテインメントに惹きこむジャンルだ。毒舌だが、深い生徒愛に溢れた指導には反響も大きく、オンラインレッスンには全国から生徒が集結している!

「『えんとつ町のプペル』主題歌 ダンスPV」はSHOJINが主宰するオンラインサロン「SHOJIN DANCE LABO」のメンバーによってすべて1から作られた。ダンサーには小学生から60代の方まで幅広く出演しているが全員、SHOJIN DANCE LABOの仲間たち。
仕事ではなく、SHOJINが映像作品として本気でつくった作品に、多くの反響が寄せられている。

西野亮廣も大興奮!


『えんとつ町のプペル』作者である西野亮廣(以下、西野)は毎日10分間放送しているVoicyにて「昨日、タイムラインで流れてくるリンクから飛んだんですけど、やばい動画を見つけました」と語っている。それこそが「『えんとつ町のプペル』主題歌 ダンスPV Presented by SHOJIN DANCE LABO」であった! 西野はこの作品に対して、「いい意味で勝手にダンスPVを作ってみましたをやられている」と話しつつ、勝手に作ったというレベルではない、すごすぎると熱を込めて伝えた。
巨大なスタジオでセットから衣装、ダンス、演奏もすべて作りこまれており、まるでミュージカルの大団円のような高いクオリティに、いつになく興奮している西野。さらに「公式サイドが関わっていれば理解できる。しかしそうではなく、ただ応援したいというだけでこのクオリティ!」とSHOJINがとてつもない〝GIVER〟に違いないと語る。そして、クオリティが高すぎてボケの領域であり、「なんてものを勝手に作ってるんだ!」と終始、大絶賛であった!

(2020年10月30日放送)ヤバい動画を見つけました……/ Voicy - 今日を彩るボイスメディア
もっと詳しい話はコチラ↓

SHOJINの想い

この『えんとつ町のプペル』という一冊の絵本と常に挑戦し続ける
西野亮廣さんは僕(SHOJIN)の背中をずっとずっと押し続けてくれました。
それは今も変わらずです。

映画公開に向けて少しでも多くの人にこのステキな物語を知ってもらいたいと思い、
ダンサーとして出来ることはこれしかないと勝手に作らせて頂きました。

たった5分であの壮大な世界をダンスと共に表現するのはとても大変でしたが、
とにかくメンバー全員で何度も何度も絵本を読み返し、
心を込めて一生懸命作りました。

僕はこれからも大好きなみんなとキレイな星を信じ続けますし、上を見て進み続けます。
生徒たちにたくさんの夢と希望を与えられる存在でありたいなぁ。

『えんとつ町のプペル』主題歌 ダンスPV Presented by SHOJIN DANCE LABO

 

SHOJIN Instagram    SHOJIN Twitter
西野亮廣 ブログ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました