関西発! 『Legend Tokyo』歴代出展者&注目のコレオグラファー名鑑! ~2012年~

振付師

変革期に突入しつつある関西のダンス&エンタメ業界。そして『Legend Tokyo』後継大会『Legend UNIVERSE』の大阪開催経て、あらためて関西発の『Legend Tokyo』2012年出展者たち、さらにみなさんから推薦いただいた注目コレオグラファーもあわせて一挙ご紹介!

NORI(NASTY)

Chapter.2出展
GENRE:CLUB JAZZ

クラブシーンとジャズダンスを繋げた、
関西の〝型破り〟なパイオニア!


関西クラブシーンとジャズダンスをつなげたパイオニア・チーム〝NASTY〟のリーダーとして独特の発想と着眼点で、多くのダンサーに影響を与え続けてきた存在。アーティストや企業イベントの振付をこなすほか、舞台プロデュースなども積極的に行ない、Chapter.2でもセンセーショナルな作風で衝撃を与えた!

『Legend Tokyo Chapter.2』NORI作品「FURIOUS」

DEEP(WREIKO、エリツィン)

Chapter.2,3,8出展 /Ch.3 Semi Legend
GENRE:GROVE JAZZ

世界の頂点に輝いた創作力!
先鋭的ムーブで魅せるセミ・レジェンド!!


グルーヴ感の強い独特な振付を得意とする日本を代表するコレオグラファー。DEEPとしてChapter.2にて衝撃のデビューを飾ると、WREIKOとして挑んだ翌年にはセミ・レジェンド、2017年には世界大会『WORLD OF DANCE FINAL』で優勝を果たす。現在はそれぞれで世界をまたにかけた活躍をみせている。

『Legend Tokyo Chapter.2』DEEP 作品「DEEP FAMILY」

Yae.Saya

Chapter.2,6出展
GENRE:JAZZ CONTEMPORARY

躍動する肉体と魂のハーモニー!
芸術的群舞を描き出す気鋭デュオ。


Chapter.2に出展以来、関西を代表するジャズ・コンテンポラリー作品のコレオグラファーとして活躍した彼女たち。その作風は、ある時はダイナミックに、ある時はキャッチーに、高次元な身体表現を活かした振付で、確実に観る者の心をつかむ。現在は海外を拠点に、舞台企画や振付活動に力を入れている。

『Legend Tokyo Chapter.2』Yae.Saya作品「go.」

BEZI(BUSTA JAKK BOOGIE)

Chapter.2,3,6出展
GENRE:LOCKIN’

ダイナミズムがほとばしる!
遊び心と情熱のエンタメ・ロッカー!


エネルギッシュな〝魅せるロッキン〟に定評があり、チーム〝BUSTA JAKK BOOGIE〟のメンバーとして活躍! またプレイヤーのみならず、コレオグラファーとしてはChapter.6で審査員賞を受賞する他、高校ダンス部やキッズチームの指導・振付などでも国内屈指の手腕をみせる超実力派!

『Legend Tokyo Chapter.2』BEZI作品「Campbezilock Family」

LA-SON SUZUKI

Chapter.2出展
GENRE:R&B HIPHOP

卓越したセンスとヴァイブスで魅せる、
生粋のエンターティナー!


2012年春に予選を突破し、Chapter.2の本戦に出展。コミカルな作風ながら最先端のダンススタイルと攻めたメッセージ性で話題を呼んだ。現在は東京を拠点に、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドの両方で活躍。常に観る者の心を沸かせ楽しませようとする、根っからのエンターティナー!

『Legend Tokyo Chapter.2』LARRSON作品「パーティーしようぜ!」

注目のコレオグラファー

TUKIとKUMA recommend by NORI
GENRE:FREE STYLE


同い年の2人からなるチームで若くして長い活動歴を誇り、数々の名だたるコンテストや舞台への出演などで実績を残す若手実力派。ストリートジャズをベースに研ぎ澄まされた表現力が生みだす、中性的かつ独創的な振付は観る者の胸を締め付ける!

NORI comment
この2人は幼い時から指導してきましたが、互い家族よりも長く一緒に時間を過ごしているので、それぞれの静と動、+と-が重なった瞬間に放つ魅力的な世界は一級品です!

TUKIとKUMA(8.14 TRUE SKOOL 一般の部 優勝)

 

AKIRA recommend by BEZI
GENRE:LOCKIN’


90年代より数々の舞台、ショー、コンテストで実績を積み、NY、LAなどでも活躍。大阪に自身のスタジオを設立し若手のダンサーの育成に注力ながら、舞台やイベントでの振付や学校教育でのダンス指導など、多方面からの依頼にも応えている。

BEZI comment
様々なジャンルを踊りこなす上で、特にロッキンは超一流。圧倒的に長いキャリアとその中で積み上げこられた数々の実績があるにも関わらず、追求し続ける姿勢がスペシャル!

AKIRA vs HIYORI FINAL LOCK PLW-1 G.P 2018 OSAKA

コメント

タイトルとURLをコピーしました