豪華ダンサー出演! 振付akaneによる『HALLOWEEN PARTY』ダンスMV公開!!

ミュージック

10月31日ハロウィーン当日、1つのダンス映像作品が公開された。それが「HALLOWEEN PARTY-プペルVer.- 」だ! この楽曲はキングコング西野亮廣が手がけた絵本『えんとつ町のプペル』の映画にてオープニング主題歌となるが、ダンス映像にはさまざまな経歴をもつダンサーが出演している。
ここではそんなダンサーについてご紹介!

「HALLOWEEN PARTY-プペルVer.-」とは?

「HALLOWEEN PARTY-プペルVer.- 」( ダンス編 )

この楽曲はHYDE(L’Arc-en-Ciel)の楽曲「HALLOWEEN PARTY」をアレンジしたもの。スペシャルムービーはDrama ver.とDance ver.の2種類が用意され、どちらでもダンスを観ることができる。Drama ver.には岸井ゆきのと笠松将が出演。2人の演じる人物が、舞台「えんとつ町のプペル」を観劇するというドラマ仕立てになっており、akaneが振り付けを手がけた「ハロウィン・スモーキーダンス」をダンサーたちが踊っている様子が映し出された。その中にはなんとHYDE自身も出演している!

監督には蜷川実花!

スペシャルムービーの監督を務めたのがあの世界的写真家であり映画監督である「蜷川実花」。彼女は映画『ヘルタースケルター』やAKB48『ヘビーローテーション』、ゆず『雨のち晴レルヤ』など映画やPVなど様々な作品において監督を務めている。
西野自身、予算はありつつも手加減したくなかったと語っている。そのため蜷川監督に予算は忘れさせ、自由度を高めることで全力を出させた結果、なんと予算の倍以上になったとか。しかし完成した映像に対して「誰も文句が言えないクオリティーで返してくださって、本当に本当に痛快でした」と西野は大絶賛!
躍動感や迫力のあるダンスシーン、幻想的な映像美、そして観る者をその世界に迷いこませる世界観に、蜷川監督ならではの美しい映像であることを感じさせた!

「HALLOWEEN PARTY-プペルVer.- 」(ドラマ編)

ドラマ編にもダンスがあるが全く同じではない。ただドラマ用のカットを入れているわけではなく、ダンスの角度も使用しているシーンも変わっているのだ。ダンス編とはまた別作品として楽しむことができる点に、蜷川監督の丹精が込められていることがうかがえる。

振付はakaneが担当!

振付には登美丘高校ダンス部コーチとして、バブリーダンスを生み出したことでもおなじみの「akane」が担当。以降、さまざまな作品を登美丘高校ダンス部の生徒たちとともに制作している。

彼女は振付師の最高峰ともいわれるダンスコンテスト『Legend UNIVERSE』において登美丘高校ダンス部の生徒たちとレジェンドに輝いている。また、映画「グレイテスト・ショーマン」のPR大使としてPV振付を担っている。

近年では多くの振付を担当しており、日本テレビ系『スッキリ』とタッグを組み「高校生ダンスONEプロジェクト」を開催して、全国の高校ダンス部への応援企画を行なっている。

akaneの今後の活躍にまだまだ注目が集まっていく!

Legend Tokyo Chapter.6 Jury Prize | akane | new mode

20017年『Legend Tokyo chapter.6』本戦作品。キレのあるダンスを一糸乱れぬ群舞に仕上げるのがakaneの特徴。そんな彼女による大人なかっこよさのある振付は珍しいのではないだろうか。

振付アシスタントにはキムラモトコ!

ドラマ編のクレジットに出てくる「振り付け助手」に名前をつらねる1人の名前。akaneの振付を影でサポートしていたのが彼女、キムラモトコだ。

彼女はakaneが在籍した日本女子体育大学舞踊学専攻(以下、ニチジョ)の後輩であり、「アストコ」として活動し、『Legend Tokyo chapter.8』では審査員賞を受賞。奇想天外な振付による大群舞に定評があり、高いスキルと高難度な振付によって、観る者に笑いをもたらすダンサーである。出演ダンサーには同じくニチジョ出身のダンサーもいるので後輩としての信頼が高いのだろう。

Legend Tokyo Chapter.8 JURY PRIZE!! | アストコ | “サラバ学生”

2018年『Legend Tokyo chapter.8』アストコ作品。学生でありながら78名の出演者で昭和歌謡からEDMまでさまざまな楽曲を使用して見事なダンスを魅せた!

センターの男性ダンサーはAKIHITO!


ダンス開始直後からセンターで踊るアントニオ役の男性ダンサー。とてつもないスキルと、首がもげるのではないかと思うほどの動きでありながら一切ブレない、驚異的な身体能力を魅せるのはAKIHITO!

彼は『Legend Tokyo chapter.6』においてレジェンドに輝いた経歴を持つHIPHOPクルー「ENcounter ENgravers」の代表。ダンサーとして自身が踊り、さらに振付師として数々の舞台に携わっている。中でも最近では、竹内涼真が主演を務めるミュージカル「17AGAIN」の振付を担当している!

常に革命と挑戦を続けていくAKIHITOに、ダンサー界だけでなくエンターテインメントにかかわるすべての方からこれからも目が離せない!

Legend Tokyo Chapter.6 PERFECT WINNER!! | ENcounter ENgravers | "オノマトペ -Onomatopoeia-"

『Legend Tokyo capter.6』作品「オノマトペ」。音源が録音データである上に振付はHIPHOPという前代未聞の作品を披露した!

プペルを演じるGENTAとは?

『えんとつ町のプペル』ではゴミ人間として登場する主人公、プペル。その役柄で踊るのは「GENTA」! 不思議なリズム感と何度も観たくなるそのまなざしを持つ彼は一体、何者だろうか。

GENTAは「サイケデリック乙女クラブ」というチームで活動するダンサーだ。JAZZやVOGUEを中心に様々なジャンルのエッセンスを織り交ぜたスタイルで人気を博している。彼は、韓国出身のアイドルグループSHINeeのメンバーである「テミン」のバックダンサーとして有名だが、、それだけでなく「sumika」や「NGT48」の振付も担当! さらに近年では「ちゃんみな」の振付兼バックダンサーとして特に活躍している。

まだ若手でありながらこの実力を持つGENTAのこれからの活動に注目である。

PSYCHEDELIC OTOME CLUB|DLNW – IGGY AZALEA & TINASHE

「サイケデリック乙女クラブ」としてのディレクション作品。抜群のキレに妖艶さをもつダンスに魅了されていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました