プロダンサーの原石たちが躍動する感動のステージ『GEM STONE SHOWCASE 2020』

舞台レポート

日本工学院ミュージックカレッジ 第13回ダンスパフォーマンス科発表会

第12期生卒業公演/第13期生修了公演

GEM STONE SHOWCASE 2020

2020年2月9日 日本工学院専門学校 片柳アリーナ

現役の実力派プロダンサーが講師陣として名を連ねていることで知られる日本工学院ミュージックカレッジ ダンスパフォーマンス科の「GEM STONE SHOWCASE」が今年も開催! 本科はここ数年で学生の数が急増し、それに伴いクラス数、講師陣、設備を拡大しているなど、国内でもトップクラスの人気を誇るダンスの専門学校だ。まさにダンス界の金の卵たちが放つ、青春の熱いエネルギーに満ちたメモリアルなステージを徹底レポート!

 

遂に幕があがる、緊張の舞台裏に潜入!

毎年恒例、気合入れの大円陣!

「プロダンサーとして生きていく」そんな夢を叶えるための専門学校、日本工学院のダンスパフォーマンス科。13回目を迎える今回の本科卒業・修了公演で、スタジオ発表会や舞台公演とはひと味違う〝プロ養成所ならでは〟の舞台だ。ついに12期生にとっては、ダンスに打ち込んだ学生生活を締めくくる特別なステージとなる。

彼らが立つのはこれまで学んできた校舎の地下にある約4000人を収容できる広大な多目的ホール「片柳アリーナ」。最新設備も整ったアーティストライブばりのクオリティを誇るこのステージに立つ経験は、プロダンサーでもそうそうない貴重な機会だ。

本番を直前に控え、ステージ裏に集合する学生たち。毎年恒例ともなっている円陣を組むと、学生の代表者が全員の緊張をほぐすかのように声かけをすると、ダンスパフォーマンス科のトータルプロデュースを務め、彼らをこの日まで見守ってきたSAM氏からは温かいメッセージが送られた。

学んだすべてを出し切る、12期生(2年生)渾身のパフォーマンス!

ACHI NUMBER(HIPHOP)

楽曲のリリックを振付に落とし込み、ヴァイブスを強烈に放つHIPHOPナンバーを展開! 公演のトップバッターとして、楽しげに踊る学生らの表情が会場の空気を温めた!

YWKI NUMBER(HIPHOP)

スタイリッシュなHIPHOPで魅せたナンバー!  強いこだわりを感じる振付と磨き上げられてきたパフォーマンス力の相乗効果でオーディエンスをロックした。

Yo-co NUMBER(JAZZ)

伸びやかな振付とエモーショナルな空気感が印象的なJAZZナンバー。照明のバランスや複雑な構成など、作品づくりのテクニックも詰った観る者を惹きつける作品だ!

松本大樹 NUMBER(CONTEMPORARY)

不思議な世界観の中で展開する洗練されたムーブが印象的なCONTEMPORARYナンバー。他のジャンルには見られない独特かつ多彩な〝動き〟からは振付の妙を感じる!

菜花 NUMBER(JAZZ)

アーバンな世界観の中で踊られるJAZZナンバー! 特異なダークさを感じさせる振付を見事に踊りきり、クールに観る者を魅了してみせた!

Ami NUMBER(HIPHOP)

細かな音までバッチリとヴァイブスを乗せて表現してみせるHIPHOPナンバー。前半のパワフルなパフォーマンスから一転、後半はフレーバー全開でユルめに♪

MASAKI NUMBER(HIPHOP)

日本語ラップのリリックを大切に、見事ダンスに心情を乗せたHIPHOPナンバー。しっかりと振付を踊りながらも余裕を感じさせるのは、2年間の積み重ねがあればこそ!

HERO NUMBER(HOUSE)

重めのビートにエナジーをバッチリのせて踊るHOUSEナンバー。講師譲りのパワフルなステップを披露し、オーディエンスを圧倒してみせた!

GOTO NUMBER(HIPHOP)

楽曲の展開にあわせて多彩に魅せる照明づかいと、ハードからメロウまで見事に踊り分ける緩急! まさにステージングの極意が詰った濃厚なHIPHOPナンバーだ。

PInO NUMBER(HOUSE)

軽快なビートにのせて繰り出されるのは実にナチュラルなステップ&ムーヴ。躍動感あふれるステージングで、ジャンルがもつ色を存分に表現したHOUSEナンバーだ!

Hink NUMBER(BALLET)

高い基礎テクニックが求められる繊細な振付を見事に踊りきったBALLETナンバー! 大人数による構成と迫力の世界観で観る者を圧倒した。

松GORI NUMBER(JAZZ)

抜群の作品力で魅せた圧巻のJAZZナンバー! 作りこまれたダークな照明づかいの中、黒い衣装のダンサーが激情を見事に表現してみせた。

SHIGE NUMBER(HIPHOP)

楽曲や照明などの組み合わせもさることながら、抜群に高い振付センスが光るHIPHOPナンバー! おもわずため息が出るほどの完成度に観客は酔いしれた。

SAM NUMBER(HOUSE)

SAM氏が振付を担当したHOUSEナンバー! 多彩なテクニックが随所に散りばめられていながらも、キャッチーにアウトプットされた振付は流石。

コレオグラファー専攻(SHIGE PRODUCE)

SHIGE先生の指導の下、コレオグラファー専攻(SHIGE PRODUCE)の学生らが自ら振付をしたスペシャルステージ! 楽しげな振付からドープに魅せるHIPHOP、さらにはセクシーなムードの世界観まで幅の広い表現をステージ上に創りあげた!

 

13期生(1年生)も1年間の成果をステージにぶつける!

OHISHI NUMBER(HOUSE)

ハイセンスなピアノハウスからはじまり、後半はビートが心地よく響く楽曲へと展開したHOUSEナンバー。ミュージカリティの高いフットワークはさすがの振付力だ!

ikumi NUMBER(JAZZ)

壮大な世界観の中で感動を伝えてみせたJAZZナンバー! 技術はもちろん、学生らの持っている絆が生み出す一体感が印象深いステージだ。

STEZO NUMBER(HIPHOP)

終始漂わせるグルーヴ感が心地よいHIPHOPナンバー。オシャレさが自然とにじみ出るような洗練された振付、余裕さえ感じるは観る者を痺れさせた。

KAZZ NUMBER(HOUSE)

ベーシックながらも高いクオリティだからこそ魅せることのできる秀逸なHOUSEナンバー。多彩な構成とアッパーな音楽性で、飽きさせることなく盛り上げた!

DAISUKE NUMBER(JAZZ)

伸びやかな振付で爽やかに愛を表現してみせたJAZZナンバー! スローバラードにのせた温かみのある表現に、会場は優しい感動に包まれた。

TATSUO NUMBER(HOUSE)

パーカッションの音色に呼応してリズミカルに繰り出されるステップやフロアムーブ! 照明や構成まで高いレベルで練られた他ではなかなか観ることのできないHOUSEナンバーだ。

山端茉奈美 NUMBER(BALLET)

ユニークな構成と美しく揃えられた四肢で見事に魅せきったBALLETナンバー。他のジャンルにはない厳かな世界観が際立っていた!

ATSUSHI NUMBER(OLD SCHOOL)

R&Bに乗せて、まるで本当に雨が降っているかのようなしっとりとした空気感で魅せるPOPPIN’ナンバー! 独特なニュアンスを見事に表現した衣装も秀逸。

有香 NUMBER(CONTEMPORARY)

洗練された構成とムーヴの質感が織り成す、見事な空気感! 難易度の高い振付を圧巻の完成度で魅せたCONTEMPORARYナンバー。

FRESH SEIJI NUMBER(OLD SCHOOL)

リズムあそびの匠が生み出すハイレベルなLOCKIN’ナンバー! バッチリ揃えた振付とあふれるファンキーなエネルギーが観る者を楽しませた。

KOTA NUMBER(HIPHOP)

ドープなフレーバーがあふれるユルっとクールなHIPHOPナンバー。コミュニケーションを感じられるほどの余裕と確かな技術がここまでの努力を証明していた!

Suguru NUMBER(HIPHOP)

日本語ならではのリリックがかもし出す優しい世界観をダンスで表現したHIPHOPナンバー。振り揃えから構成までクリーンな仕上がりで完成度の高さを感じさせた。

EKKO NUMBER(JAZZ)

若いエネルギーを全面に押し出したJAZZナンバー! 感情を爆発させるような振付と見事なボディーコントロールが絶妙なバランスを保っていた。

感動のフィナーレ&バックヤードレポート!

ヒップホップやジャズはもちろん、ハウスにオールドスクール、バレエにコンテンポラリーとジャンルやスタイルも様々。それぞれが一つの作品として観る者を魅了しながらも、その中にはプロの現場で求められる幅白いテクニックが詰め込まれているのだ。ダンスのプロを育成するため組まれた総合的なカリキュラムを2年かけて学んできた卒業生にとっては、これまで支えてくれた講師陣や家族に向け、学生生活の集大成としてその成果や感謝の気持ちを踊りにのせて体現できる貴重な一日である。

笑顔と涙あふれるカーテンコール!

卒業生ひとりひとりからのメッセージビデオが流れ終わると最後はカーテンコール。達成感に満ちたステージ上では、ラストに在校生から卒業生へ向けて花束が贈呈された!

お客さんに感謝の気持ちを伝える学生たち!

来場した家族や友人、先輩たちと面会する学生たち! 思わず感極まる学生の姿も。

熱い想いが心に刻まれる最後の終礼。

講師1人ひとりからの熱いメッセージを心に刻み付ける学生たち。こうして継承される魂を胸に、卒業生は新たなステージへの決意を固めたに違いない。

青春を共に過ごした仲間と一丸となって創りあげた舞台は輝く涙、汗、笑顔にあふれながらその幕を下ろした。彼らが活躍する姿をメディアやステージで観られる日もそう遠くないであろう。

 

オープンキャンパス+体験入学を開催!

ダンスパフォーマンス科では、定期的にオープンキャンパスや体験入学を開催中! その中では学科見学や個別相談はもちろん、なんと豪華講師陣による無料の体験レッスンも行なわれる! 気になった方はまずホームページをチェックしてみよう。

日本工学院 ミュージックカレッジ ダンスパフォーマンス科 HP

ホームページでは学科情報はもちろん、講師からのメッセージや活躍中の卒業生の紹介なども掲載中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました