『Legend Tokyo CHRONICLE』 ファイナリストインタビュー!~30秒クリエイター部門 part2~

インタビュー
スポンサーリンク

 日本最高峰のダンス舞台作品コンテスト『Legend Tokyo』が提唱する”映像作品”で魅せる新たなる戦い。それが新世紀のダンス映像作品コンテスト『Legend Tokyo CHRONICLE』!!

 2020年に行なわれたブロック選考には160以上におよぶ珠玉の作品が参戦。史上初の試みにも関わらず想像の域を遥かに超えるハイレベルなダンス映像世界の戦いが繰り広げられた。その中から厳選された究極レベルの創作力をもつファイナリストたち延べ44組によるさらにブラッシュアップした”最終作”が集う決戦「SEASON FINAL」が開幕。

 部門は従来の横画角・制限時間5分がルールの”作品”を対象とする「5分映像作品部門」と、制限時間30秒・SNS時代に特化したすべてが新しい縦画面で観る「30秒クリエイター部門」の2つがある。

 「30秒クリエイター部門」
POINT① 縦画面と30秒というこれまでにないルールの中で魅せる新感覚のダンス!
POINT② 評価対象はクリエイター自身。計3作品を提出し、自らの才能をアピールする!
POINT③ 現在公開されているのは1,2作品のみ。最後の3作品目は最終決戦で初公開!!

 今回はそんな30秒クリエイター部門で本選進出を決めた、選ばれしファイナリストたちのインタビューを一挙公開!

クリエイターインタビュー

がっきー

―バトンがあって〝僕〟が完成する。

 仲間と挑むことも考えましたが、この大会はあくまで自分がどこまでいけるのか試したかったので、一人での挑戦に決めたんです。とにかく何も考えずに映像作品を創ろうと思って挑んだRushでしたが、そこで審査員の方々から頂いたコメントを受け止めて、準本選ではバトンを何かに置き換えて表現してみることにしました。武器であるバトンを単なる小道具ではなく、どのように活かすか頭を悩ませながら作っています。
 仕事としてはダンスをしているのですが、どうしても昔からやっているバトンから離れられない自分もいて、バトンを持って初めて僕が完成するんです!

 本選ではさらにレベルアップした僕をお見せするので、楽しみにしてください。必見です!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「がっきー」インタビュー

新井風味

―想像以上に和の表現は難しい。

 なるべく他の方にはできないものを創って、そのオリジナリティを評価してもらえれば幸いと制作しました。和の舞と洋風のダンスを違和感なく組み合わせるのって、実は案外難しいんです。ただ単に衣装や小道具のビジュアルだけを和にするんじゃなく、音楽や踊りにも和をいれて自然に融合させられるように、何年もかけて研究してきました。


 和の持つ魅力を皆さんに広めたいという強い想いがあって今回の参加を決めたので、この世界に触れて、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。本選では、SNSでもYouTubeでもダンスとしては今まで見たことがないような新井風味オリジナルの〝和ワールド〟をお届けします!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「新井風味」インタビュー

monio

―ダンス動画、大会の特性を研究して本選へ。

 元々人に伝わりやすくインパクトがあるもの、小学生でも楽しめるものを創りたいという気持ちがあって、その点はニコニコ動画から学んだことも活かせていると思うのですが、コンテスト作品を創るにあたっては、Rush Aから審査員の方のコメントには全て目を通しましたね。仕事でクライアントの要望に応えるようなイメージで、審査員の方が指摘している課題をクリアしているのか1つずつチェックをしながら制作しました!


 本選はよりインパクトとオチを意識しながら〝もう一度みたい〟と思わせられるかにもこだわって30秒に詰め込みました。リアルパフォーマンスではできない、動画だからこそ表現できた作品をシンプルに楽しんでください!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「money」インタビュー

邪苦軍団

―すでに勝利は確信していますね。

 音楽も映像もデザインも趣味の延長でやっているので、プロのクリエイターという意識はないけど、評価するのはあくまで観る人なので、30秒の動画の中で何を伝えたいかっていう所には誰よりもこだわったつもりです。
 Rushと準本選で作風をガラッと変えたのは作戦ですね。コンテストといっても命を懸けた〝戦い〟なので、いろいろな球種をみせていくことで次どう出るか惑わすというか、ライバルたちへのカモフラージュになっています。
 

 といっても、もう優勝は確信しているので、軍団の構成員ともどこの焼肉屋に行こうか相談しているんですけど、みんな次大会はより良い作品を創って、僕らをひねりつぶすつもりで挑んできてほしいですね。あ、でも、ちゃんと作品を見て、投票もしてね。

Legend Tokyo CHRONICLE | 「邪苦軍団」インタビュー

FND

―さらに熱くなるダンス×フィットネス!

 30秒という限られた時間の中で魅せたいところを絞ってあえて構成はシンプルに、カメラワークやアングルにはかなりこだわっています。メンバーもさまざまなスポーツ経験があり身体能力が高く、それぞれが持つセンスやテクニックを取り入れたので、フィットネスインストラクターだから表現できるダンスを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 今、フィットネス業界の中でもダンス熱が高まってきていて、私たちもそれぞれの強みを活かして、心も身体も健康に、そしてハッピーにするため活動をしています。この大会でクリエイター同士、互いのエネルギーをぶつけあって盛りあがることで、今後さらにダンスとフィットネスが近づくキッカケになればいいですね!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「FND」インタビュー

HIROfam

―一度の撮影にいま持てるすべてを懸ける。

 映像の編集力は弱いかもしれませんが、私は〝ダンサー〟として自分のダンスで戦いたいです。エンターテインメントの中で自分のコンテンポラリーダンスがどのように伝わるのかという挑戦の気持ちで臨んでいます。
 映像化にあたっては、あくまで元々持っていたものを改めてどのようなコンセプトで映しだしていけるのかを意識しましたが、撮影は何回も重ねるのでなく、絶対に1回勝負。チャンスは1回と自分の中で決めていて、何も考えない「無の心」の状態こそが活きているダンス表現を映し出すことがきると思っています。

 一発の集中力にこだわりをもっているので、編集で苦労することも多かったですが、今の自分が出せるもので本選も勝負します!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「HIROfam」インタビュー

CHIGUSA

―ユニークな作品でレジェンドを目指す!

 以前から『Legend Tokyo』に出展することが目標だったのですが、大人数での舞台作品が難しいこのタイミングで映像のコンテストならと思って迷わずチャレンジしましたね! といっても映像は初挑戦なので、本選進出を目標に3回の作品づくりでどこまで自分ができるかを試す意味もありました。
 普段は衣装も含めてステージングに重きを置いて作品づくりをしているのですが、今回は実際のステージではできないバーチャルな部分を意識しています。すんなりと見終わるものではなく、クレイジーでユニークな部分が伝わって観た人の頭に「!」や「?」がつくような、意表を突くような作品で印象を残していきたいですね!

 3作品目は……「!」と「?」どっちかな?

Legend Tokyo CHRONICLE | 「CHIGUSA」インタビュー

カジ。

―興味本位からここまで来てしまった!

 自粛期間中でも出来ることをやっていこうと思って、この大会への参加も本当に軽い気持ちで決めました。Rushの作品のアイデアはほとんど編集の樹が出してくれて、それに合わせて私が動きや、衣装、テーマを考えてました。
 準本選の時ははじめから話し合いをして方向性を決めて撮影に望んだのですが、でも結局、撮影当日にやりたい放題やって作品になった感じです(笑)。傘を使ってみたり、たくさん歩いてロケ地を探したりして、あの雨を止める演出もいろいろ試していく中でひらめいた演出でした。

 「やってみようかな」から始まり、こうして本選まできてしまって正直驚いてますが、楽しんで創った映像をたくさんの方に観ていただけたら嬉しいです!

Legend Tokyo CHRONICLE | 「カジ。」インタビュー

INFORMATION

Legend Tokyo CHRONICLE
-SEASON FINAL-

【日時】2021年6月13日(日)
    開場:12:30 開演:13:00

【チケット】▪配信視聴チケット:¥1,000
      ▪劇場観覧チケット:¥4,000
       (配信視聴チケット¥1,000含む)

【会場】SKIPシティ
彩の国 ビジュアルプラザ・映像ホール



【公式サイト】

5分映像作品部門30秒クリエイター部門

詳しくはHPへ!

YouTubeにて作品公開中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました