ロボットレストラン。インバウンド新世紀が生んだ、”踊って働く”革命!

インタビュー
ロボレスダンサーズ(左からKOYUKI、ASUKA、NENE)

日本のダンス市場は年々拡大する傾向にあり、〝ダンスで食べていく〟ことも多くのダンサーが実現しているが、その多くは主にインストラクターだ。パフォーマーとして生計を立てる――、その難しさを痛感しているダンサーも少なくないはずだ。しかし、ダンサーが純粋なパフォーマーとして活躍し、連日満員のお客さんで活気付くステージが新宿にある。それこそが、歌舞伎町にあるロボットレストラン! なぜ、理想的な環境を実現できているのか。未来の〝踊って働く〟を変える挑戦、その今に迫る!

TOKYO最後の秘境!? ロボットレストランとは?

海外観光客に向けた日本発大ヒット・エンタメ・ショー!

日本を代表する繁華街、新宿・歌舞伎町のド真ん中で、煌めくネオン、ド派手なコスチュームに身を包んだダンサーと巨大ロボットが、空前絶後のエンターテイメントショーを繰り広げるショーレストラン。特に海外観光客からの知名度、人気が高く、平日から満員のオーディエンスを楽しませている。


ダンサーリーダーが語る、リアルなロボットレストランとは!?

ダンサーとして収入を得られる環境。ロボレスが先導して未来を切り開いていく!

海外観光客から高い人気を誇るロボットレストラン(以下略:ロボレス)だが、実際のショーを観覧したことのある日本人はあまりいない。少し間違った先入観を持ってしまっているかも知れない日本人のために、ロボレスで現役のダンサーリーダーとして活躍する2人に、リアルな現場の様子を聞いた!

社内完結型のシステムで、本物のリアクションを日々追求!

ロボットレストラン 男性ダンサーリーダー/ 藤沼 豊
PROFILE >>> 幼少期より俳優として数々のCMや映画に出演。その後、ダンサー、コレオグラファーとしての活動を始め、若手ダンサーユニットの振付指導などで活躍。2017年の春にロボットレストラン入社し、2018年より同ダンサーチームリーダーを務める。

――ロボレスではどんなショーが観られるのでしょうか?

藤沼:一言でいうとド迫力のロボットとド派手なダンサーたちによる非日常の超異世界! こればかりは観ていただかないと伝わらない部分で、間違ったイメージで想像される方もいるのですが、老若男女が誰でも楽しめるショーになっています。通常の劇場ではなく、演者との距離も近いので、アトラクションに近い感覚ですね! 国内より海外での知名度が高く、お客さんも95%が外国の方というのもあり、本物の「アンビリーバボー」や「オーマイゴッ」を聴けますよ(笑)!

――ショーはどのように作っているのですか?

藤沼:1回のショーで4つの演目を披露しますが、それぞれで魅せ方に変化をつけて最後まで楽しめるように工夫しています。 全体を統括するプロデューサーはいますが、積極的にダンサーからのアイディアも取り入れているんです。映像も衣装もロボットまで全て社内に専属スタッフがいるので、一体感とスピード感を持って作りますし、本番からのフィードバックで日々進化していきますね!

――現場からのボトムアップ型。皆さんで作っているんですね! 藤沼:ロボレスでは日々キャストが入れ替わるため、ダンサーは出勤するとまず1~2時間のレッスンを受けた後に、その日のキャストで必ずゲネプロ(本番使用のリハーサル)を行ないます。その際にキャスト間の〝引継ぎ〟がとても重要! お客さんの反応のキャッチアップ、そして対応から共有まで、キャストの意識やチームワークも高いです!

プロパフォーマーとしての夢をロボレスが応援していきたい!

――昔と今ではまったく別モノになっていそうですね!

藤沼:6年目を迎えるロボレスですが、僕が入社してからの1年半でもかなり変化しています。以前ことは詳しくは知りませんが、映像資料を観る限り、スタート当時と比べるとまったくの別物へと変貌を遂げ、近年ではショーとして完成していますね! 変化を前向きに捉える社風があるので、本当にスクラップ&ビルドが激しく、各セクションからもバンバン意見が出るので面白いですよ!

――今も変化をしているんですね!

藤沼:現状キープでただこなすだけの演者はいないですね。これだけの体制、バックアップがあって全員が能動的に関わっているので、それだけ今のパフォーマンスに対する喜びや自信があります。でもできることはまだまだありますし、毎日3~4ステージやっても席が足りない状況なので、さらなる進化や拡大のためにも、もっと仲間が欲しいんです!

――成長のためにどんな人材を求めていますか?

藤沼:まず、ダンスが好きで継続できる人。お芝居や音楽と比べ、踊りは努力が結果に表れやすいため、才能よりも継続が大切。諦めなければ必ず輝けます! そして成長意識が高い方。総合的なエンタメに触れることで視野が格段に拡がりますし、現場力も身につきます。  また、練習から時給が発生するので、他にアルバイトをする必要がなくダンサーの活動に不安なく打ち込めるんです。サポート体制や成長できる環境をさらに整え、ロボレスで働くことをステータスとして確立させたい……、そして将来的には日本のエンタメ界をリードする存在になれたら嬉しいですね!


踊って楽しませる仕事。その夢をあきらめないで!

ロボットレストラン 女性ダンサーリーダー/ 木下 寧々
PROFILE >>>  2015年の春に合格。ブランクがありながらも、周囲のサポートや日々の努力によりダンスの素質が開花するとダンスチームのリーダーに抜擢。現在では出演しながら、振付を含めた演出・構成にも携わり、ショー全体をまとめている。

――なぜここで働きたいと考えたのでしょうか?

木下:地元の新潟で調理系の専門学校に通っていたのですが、元々ダンスを習っていて、心の中ではずっとパフォーマーになる夢をあきらめられずにいたんです。華やかなエンターテインメントの世界で活躍したい、楽しく働きたいと決めて、卒業後すぐにオーディションを受け、上京してきました!!

――実際に働いていかがですか?

木下:本当に外国人のお客さんが多いので、普段では経験しないようなテンションで楽しんでくれるのが嬉しいです。毎日同じ演目でもお客さんやキャストが変わるので、いつも新鮮な空気感で踊れるのも自分の成長に役立っています!

――どんな心持ちでパフォーマンスに臨んでいますか?

木下:楽しんでもらいたい気持ちはもちろんですが、どちらかというと一緒に楽しみたいという感覚に近いかもしれません! それくらい一体感のある空間と演出になっています。

――最後に今後の展望を!

木下:仲間を増やして、1人でも多くの方を楽しませられるように、みんなで成長していきたいです! 自分自身との戦いを通して、どこまで上を目指せるのか……ダンス、音楽、お芝居――、表現することが好きな人なら絶対に楽しく活躍できるはずなので、スキルよりも気持ちを持った方をお待ちしています!


ショーダンサー体験ツアーに潜入!

「ロボットレストランってどういうところなの?」そんな方のために、特別な無料体験ツアーを企画! その様子を少しだけお見せします!!

無料! ダンサー体験ワークショップ!

ロボットレストラン専属コレオグラファーとダンサーリーダーが監修し、テーマパークダンスの基礎レッスンから実際に踊られている振付まで優しく指導! また、パフォーマンス力をアップさせる独自のメソッドも伝授するなど充実の内容だった。

発想し伝える力を高めるゲーム。これは何を表現している?
和やかな雰囲気のなかでも、踊るときは真剣な表情に!
キャッチーなパレード用の振付。スキルだけじゃない要素も求められる!
なんとワークショップの最後には本番直前のキャストがサプライズ登場し、一緒にダンス!

なんとショー見学も無料!

ダンサーリーダーが同席し、実際に本番のショーを見学! ロボットやダンサーの迫力、そして海外からのオーディエンスのリアクションを生で感じ、終始、参加者は刺激を味わいながら、エンターテインメントを満喫していた!

和がテーマの演目では太鼓などの楽器も多く登場し、一気に会場を盛り上げる!
巨大ロボット同士による大迫力のバトル演目は衝撃の連続!
光の演出を取り入れた演目では、さまざまなテクノロジーを駆使!
とにかくキャストの笑顔とエネルギーが印象的であった!

体験ツアー参加者に感想をお聞きしました!

大野風雅(ダンサー)

自分の目で、肌で感じて変わった!

まさにここにしかないショーで、YouTubeでは感じられない世界観の凄さを肌で感じることができました! ためになることが勉強できて、ダンサーとして活動する上での意識がかなり変わっていきそうです!

もえ(ダンサー)

エンターテイナーとして輝ける場所!

ワークショップの内容も新鮮でしたし、ショーは演者さんの笑顔が印象的でまさにエンターテインメント! 元々興味はあったのですがなかなか踏み出せずにいたので、実際に体験することができてよかったです。

野澤ひかり(中学生)

思い切ってチャレンジしてよかった!

まるで異世界に来たかのようなショーで圧倒されましたし、ここで踊れたら楽しいだろうなと思います。ワークショップでは普段踊っていないスタイルにチャレンジできて楽しかったし、表情の大切さも学びました!

大輝(道化師)

こんなショーが日本にあるなんて!

ダンス未経験で不安だったのですが、ワークショップも楽しんで取り組めました。ショーではお客さんの笑い声や歓声がすごく、イメージが覆されましたね! パフォーマー魂が揺さぶられ、モチベーションがあがりました。


プロダンサーとして、ロボレスで働く!

ロボットレストランでは、常時ダンサーを募集してるとのこと! 定期的に体験ツアーも開催されてるとのことなので、店舗HPや公式SNSをチェックしてみてはいかがでしょうか?

ロボットレストランHP https://www.shinjuku-robot.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました